学术讲座:「動詞の意味・用法から」

外国语学院学术前沿讲座 


讲座人:松本泰丈 日本别府大学教授中国复旦大学名誉教授

讲座题目:「動詞の意味?用法から」

时间地点20175241330,外语楼109

讲座人介绍

讲座人简历

现任(2006-现在)日本别府大学教授,中国复旦大学名誉教授。

历任(1969-2006)日本千叶大学教授日本山梨大学教授日本学习院女子短期大学副教授等职,学历 1959-1970)东京大学博士课程修了

 

代表研究著作:

『連語論と統語論』(至文堂、2006年)

『日本語研究の方法』(編著、むぎ書房、1978

『奄美-自然?文化?社会-』(共著、弘文堂、1982 ISBN 4335050038 

(仁田義雄編)『日本語の格をめぐって』(共著、くろしお出版、1993 ISBN 4-87424-086-0

『日本語文法の諸問題高橋太郎先生古希記念論文集』(鈴木泰との共編著、ひつじ研究叢書(言語編)13、ひつじ書房、高橋太郎?宮島達夫?かねこひさかず(金子尚一)?角田太作?工藤浩?金田章宏?澤田和浩との共編著、1996 ISBN 4-938669-76-5 

『日本語の文法』(高橋太郎?金子尚一?金田章宏?斎美智子?鈴木泰?須田淳一との共著、ひつじ書房、2005年、ISBN 978-4-89476-244-2

『奄美 復帰50 ヤマトとナハのはざまで』(『現代のエスプリ』別冊、至文堂、 2004 ISBN 4784360328

代表研究论文:

  1. 名詞の「主体=客対格」の用法と問題点-奄美大島北部方言(龍郷町瀬留)

日本語の格をめぐって くろしお出版(東京)

  1. 名詞が文の部分になるとき 国語学と国語史 明治書院(東京)
  2. 連語の記述をめぐって-奥田靖雄「を格の名詞と動詞のくみあわせ」にまなぶ

国文学解釈と鑑賞 第644号

  1. はなしことばと文 国文学解釈と鑑賞 第752号
  1. 単語?連語?慣用句 日本語学 14巻5号 (明治書院)
  2. 与格主語現象管見 類型学研究創刊号